早期発見と診断方法

胸が痛む

早期胃がんとは、胃がんの中でもがん浸潤が粘膜層から粘膜下層にとどまるもののことを言います。
つまり、他の臓器への転移がなく、胃の中でもがんが発生しているのがごく一部ということです。
このような状態では、がんであってもほとんど症状はありません。
そのため、発見されるのは、そのほとんどが健診です。
人間ドックで行われる胃の検査には、胃バリウム検査、胃内視鏡検査、ペプシノゲン検査があります。
胃バリウム検査は、発泡剤で胃を膨らませたあと、バリウムを胃の壁につけることによって、胃の形や胃の中に異常がないかを調べていく検査です。
胃内視鏡検査は、胃カメラを飲むことで直接医師が粘膜の様子を確認します。
また、ペプシノゲン検査とは血液検査の項目の一つで、胃が委縮しているかどうかがわかります。
胃がんの早期発見のほとんどが健康診断と言われています。
早期に発見することが出来れば、治療を開始する時期も早まります。
治療が早ければ完治をすることが出来るケースも少なくありません。
この治療を行う前に、胃がん診断を行い、身体の悪い部分をチェックすることが大切になります。

このような胃がんの診断を行う場合には、X線検査や内視鏡検査が行われます。
X線検査を行うと、潰瘍や潰瘍瘢痕を有する病変が存在する場合、粘膜ひだの集中像が見られることが多く、その粘膜ひだの先端の詳細な分析を行うことで良性か悪性かの鑑別を行うことができます。
内視鏡検査でも悪性病変を検討する所見として粘膜ひだの中断や癒合、潰瘍辺縁不正などが見らます。
その他、超音波内視鏡検査や腹部超音波、CT、MRI検査などで病変の伸展範囲を検索することも重要です。
治療としては、早期の場合には、癌浸潤が粘膜固有層に限られる場合については、リンパ節転移を認めないため、内視鏡的粘膜切除術が積極的に選択されています。
近年、内視鏡的粘膜下層剥離術が開発され、ある程度大きな病変に対しても切除が可能となっています。
リンパ節転移を有する病例では、胃切除術に加えてリンパ節郭清術が行われます。
根治手術不能例でも、通過障害があれば姑息的吻合術が行われます。
手術不能例や再発例に対しては、化学療法や放射線治療、温熱療法がおこなわれます。
早期胃癌の5年生存率は90%以上ですが、進行胃癌では深達度および転移の程度によって予後に差があります。
浸潤型胃癌の再発では癌性腹膜炎をきたすものが多くあります。

オススメリンク

胃がん治療の効果や副作用はこちらでチェック!:胃がん治療にかんする情報まとめサイト

病院の受付

病態と症状

胃がんは組織学的には腺がんが多く、好発部位は前庭部、胃体部、胃上部の順に多くなります。病態として早期がんと進行…Read more

関連リンク

カテゴリー
カレンダー
2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最新の投稿
アーカイブ